2011年 政策発表集会のご報告

2011年2月9日 13時59分 | カテゴリー: 活動報告

子どもの今と将来のために


2月5日は、大田・生活者ネットワークの
2011大田政策発表集会「地域の政治こそ生活者ネットに」でした。
蒲田の大田区民ホール・アプリコの展示室に
約80人の方が集まってくださいました。

はじめに「呑川の会」代表の方が、
呑川の自然の様子を映像と共にご紹介してくださいました。
美しいカワセミが印象的でしたが、
昆虫、植物、魚、豊かな生物多様性の様子に驚きました。

次は、政策について、現職の奈須りえと新人候補者の私、
きたざわ潤子が分担して報告させていただきました。

 大事なことは大田区民が決める
 だれもが安心して地域で暮らす
 持続可能なまちづくりを進める
 子どもの育ちを支える
 食べることは生きること
 男女共同参画社会をつくる
 子どもを戦争に行かせない

この7つが、大田政策です。

地域の政党として、市民の力と知恵が生かされた、
暮らしやすい地域作りを進めていければと思います。

たくさんの方から、応援メッセージをいただきました。
とても励まされ、また期待を受けたからには、
責任の重さも感じるひとときでした。

最後に候補者の「決意表明」です。

私、きたざわ潤子は、
子どもの今と将来のために働きたい、ということ、
子どもの幸せは、家族が土台になっていることから、
子育て家族を社会でサポートする仕組み、
暖かい人と人とのつながりのある地域社会、
多世代が関わりあいながら、
それぞれに生き生きと暮らせる社会をめざしたいと話しました。

ネットの精神が今こそ大事だということを、
みんなで確認できた心の熱くなるひとときでした。