福島の「怒り」と「不安」

2012年2月2日 22時22分 | カテゴリー: 防災・安全

〜中学生と高校生が書いた文章です


「大人の人に伝えたいこと」 

  〜原発のある地に住む小学生が書きました

の記事をアップさせていただきましたが、次に生徒たちの「声」 を、聴いてください。
南相馬市の『中学生』が、書いてくれた 「心境」を何件か、
そのまま引用します。

「私は中学3年の女子です」

ほかの中学校は、もうすぐ自分たちの学校に戻れるそうですが、私の中学校は線量が高いため、戻れる 日は未定のままです。11月には、仮設校舎に 入ることが、決まりました。また、クラス替えをすることに なってしまいました。
原発事故の影響で、私たちの生活は、とても変わってしまい、将来への、不安も、たくさんあります。
「 結婚 できるのか ? 」 「 子どもは、健康に 生まれてくるのか ? 」 ・・・ということが、とても、心配です。
このようなことが、また起きないように、全国の原発を無くしてほしいです。

いまは、原発事故の影響で、鹿島中学校にバスで通っています。
今までは、登校に、歩いて3分だったのに、今はバスで20分以上かかっています。友だちも、 避難したので、離ればなれになってしまいました。

「僕は、南相馬市 に住んでいる中学生です」

僕の身の回りは、原発事故を境に大きく変わりました。市内は線量が高いので、外出することに気が引けたり、普段通っていた中学校に通うことができないため、隣町の小学校の体育館を、借りて授業を受けることになったり・・・
ほかにも、不便なことは、たくさん、あります。 原発は、多大なエネルギー を生み出しますが、それ以上に大きな被害をもたらすので、他の原発が被害に遭う前に、即刻全国の原発を停止させてください。こんな目に遭うのは、福島県だけで充分です。

次に高校生が書いた文章を紹介します。

先にご紹介した中学生の「文章」と比較すると、かなり激しいものです。心の底から、憤慨しています。

彼女たちの「心」には、「憎しみ」しか、ないのです。

そういう 扱い』を実際に、受けてきた のです。ですから、少々の「乱暴 な 言葉」は、ご容赦 いただきますようお願いいたします。

高校生 の 「 怒り 」

福島原発の事故で、放射能が漏れ、福島県民たちは他県に行くと差別され、福島県産の食べ物は、「汚染されている」と言って、拒否されたり、・・・私は、もう、うんざりです。
だいたい、関東地方で使う電気を、なんで、福島でつくらないと、いけないんでしょう?
都心につくって、事故が起きたら、大惨事になるからですか?そんなの、 福島だって、同じなんですよ。
原発事故の対応だって、後手後手だし、どうせ、福島なんか、どうでもいいとか、国の、偉い人たちは思っているんでしょう?
お台場 あたりに、原発をつくって、事故が起きたら、もっと、真面目に対応するんでしょうね。てか、今すぐ、東京に原発 つくれ !
都心は、ちょっと 放射能 数値が、高いだけで、「 除染 しろ 」 とか、騒ぎ過ぎ。こっちの方が、高い っての。
てか、原発から、半径300 ㎞ は ダメだから、そんなに、放射能が怖いなら、沖縄にでも、避難しろ !
私は、もう、「福島 宮城 新潟」などの県以外は、みんな、敵だと思ってます。
福島を馬鹿にして、差別するような人は、みんな、死ねばいいと、思うくらい、憎いです。
原発を、廃止した方が いいと、分かっていますが、日本が、持っている「原発」が、全部、事故を起こして、みんな、福島と「同じような状態」を味わえば、いいんですよ。
そうしたら、みんな「原発反対!」と、心から思えるようになるんじゃないですかね?
日本は、一度、「落ちるところまで落ちた」らいいんです。一番下まで落ちたら、後は、「上がる」ことしか、ないんですし(笑)
私 は、他の人のように、「原発事故で、苦しむ思いをするのは、福島県だけでいい」なんて、思いません。
私は、「福島と、同じ思いをしろ!」と、言いたいです ね。 自分が、生まれ育った所を、 他人に、馬鹿にされたら、腹立ちませんか?
さんざん、福島を、馬鹿にしてきた人と、「原発 反対 !」なんて、言いたくないですよ。
でも、「原発がある県の人」とは一緒に、原発反対 運動をしたいです。「事故 が、起こったら・・・」って思ったら、恐いですよね。
今、福島原発が、ホットな 話題 とされているうちに、原発を 叩きつぶしておかないと、あとで、面倒なことに なると思います。
みんなで、まとまって、「 国 」 に言えば、何とかなると、思います ・・・
「 みんな、苦しめばいい 」 と、書きましたが、なんだかんだ言って、原発が、なくなってほしいと、願っています。