何のために勉強するのか ―幼稚園卒業式に寄せて

2015年3月22日 12時49分 | カテゴリー: 子ども, 都市環境, 都市環境・子ども

何のために・・・?の問いを重ねる
何のために勉強するのか

卒業式シーズンですね。
ご卒業された方、おめでとうございます!

昨日、幼稚園の卒園式に出席しました。
誇らしげな、華やいだ子どもたちの顔。
うれしいような、さみしいような表情のお父さんとお母さん。
子どもの心の成長を大切にする幼稚園でした。
子どもが自分の感覚で「感じること」、「自分で考えること」を大切にする幼稚園でした。

 

 

 

園内にあった木のおもちゃ

【園長先生のお話】

保護者の方へ

教育は愛です。これまでと同じように子どもたちを温かく見守っていきましょう。

子どもたちへ
これからたくさんのお勉強をしますね。
英語の勉強もあるかもしれないね。
英語はなんのために勉強するのかな。
世界の人と仲良くするためですね。

【学校の校長先生の言葉

学校に来たら、楽しいこともあるけれど、
ちょっとがまんしなければならないこともあるかもしれないよ。
でも「もうがまんできない」と思ったら、
「もうがまんしなくてもいい?」と聞いてもいいんだよ。
失敗だってしたっていいんだよ。
次にどうしようか、って考えればいいんだから。

子どもたちはこれらの言葉を真剣に聞いていました。

さて、私たち大人は「何のために・・・・」と考えることを昨今、やめていないでしょうか。

何のための「集団的自衛権の行使」
何のための「辺野古への基地移設」
何のための「川内原発再稼働」

考えることをやめていないでしょうか。

卒園式の子どもたちの誇らしげな、華やいだ顔を見ながら、大人のやるべきことを考えさせられました。

 

 

 

 

 

 

季節のテーブル