多摩川、地域の豊かな自然に親しむ 『うのき水辺の楽校』

2016年11月27日 17時55分 | カテゴリー: 子ども, 市民活動, 教育

11月26日、秋晴れのさわやかな天候の中、「うのき水辺の楽校」の野鳥観察会が行われました。嶺町小学校を出発して多摩川河川敷を、様々な野鳥を発見していき、その生態について楽しく説明を聞きながら歩きました。

 

P1020706

 

 

 

 

 

 

水面には渡り鳥がたくさん

 

大人と子どもと全部で80人ほどの参加者、多くは親子ですが、3年生以上は子どもだけの参加もOKということで、友だち同士で連れだって参加している子ども たちもありました。説明してくださるのは野鳥の会の方で、とてもわかりやすい説明で、野鳥と自然環境とのつながりも含めて興味が深まりました。

 

P1020704

 

 

 

 

 

 

野鳥の会のお兄さんの説明

 

うのき水辺の楽校 」は、平成25年8月に地域で活動している団体、町会、大田区の関係機関・国交省など河川管理者が協力して環境教育を目的に開校されたとのこと。この日も町会の方や学校の先生も一緒でした。

それぞれに双眼鏡を持って、熱心に観察し、話を聞く子どもたち。多摩川という豊かな自然を存分に体感して、たくさんの多摩川博士が生まれてほしいものです。

 

P1020703

 

 

 

 

 

 

熱心に見入ってる子どもたち

 

見つけた野鳥
とび・みさご(英語ではオスプレイ)・セキレイ・もず・ちょうげんぼう・ゆりかもめ・ヒドリガモ・カワウ・カモ・アオサギ(日本で一番大きいサギ)・オオバン