【ご案内】清月庵、移転・寄贈の経緯と文化的価値について、聴雨庵との比較を交えて

2017年4月19日 22時40分 | カテゴリー: 市民活動

4月27日(木)10:00~12:00に池上梅園にて「大田遺産の会」取材によるイベントが行われます。

「大田遺産の会」とは大田区内の古い建物や町の魅力を再発見し、活用を考える会です。

当時解体が進んでいた川尻善治郎邸の茶室を中島先生が買い取り、大田区に寄贈した経緯を伺い、伊藤深水の画質や北大路魯山人に依頼され、設計をした川尻善治氏の業績と人物像の一端を知る大変貴重な機会です。

講師は中島恭名先生(茶道家、清月庵寄贈者)、山本たか子さん(大田区立郷土博物館学芸員)です。

かんたですがお茶とお菓子をいただきながらの会となります。

春の一日、池上の歴史に触れてはいかがでしょう。

 

申し込み先:太田遺産の会(野々村)
電話:03-3750-5236
(留守電にメッセージをいただければ折り返しご連絡差し上げます)
E-mail:o.ta.isan.no.kai@gmail.com

定員:10名

会費:500円 (別途、池上梅園入場料100円)

 

詳しくはこちら↓をご参照ください。