出会いのおもしろさ・市場の力 本門寺朝市に行ってきました(3月18日)

2018年3月20日 09時38分 | カテゴリー: 市民活動, 産業

スーパーでは味わえない、人との出会いが魅力の朝市。
作った本人が売っていることが多いので、品物の特徴や良さ、商品に対する情熱を聞けたりします。
感心したり、勉強になったり、新しい挑戦の話を聞いて、こちらもワクワクしたり・・・あっという間に時間が過ぎます。特に若い人の果敢な挑戦にはエールを送りたくなります。

 

池上ビール(羽田バル)

大田区産のクラフトビールが池上限定で登場とのこと!素晴らしい“書”のラベルの人気投票を行っていました。池上名物がまた増えることはうれしいことです。

 

 

 

 

 

 

 

池上ビール

 

金ゴマ・(楽しい農家 お百姓さん)

無肥料自然栽培の金ゴマは、若い女性が農業に目覚めて埼玉県日高で作ったもの。肥料・農薬を使わないので、体にも安心。永続的な農法は日本の食料自給率アップにも寄与しますね。

 

 

 

 

 

 

 

金ゴマ

 

池上駅のイラストハガキ(大田マーチング委員会)

今の池上駅がなくなることを寂しく思っている私には、駅舎のイラストハガキとファイルがうれしかったです。

 

 

 

 

 

 

 

池上駅のイラストポストカード

 

花・ボールペンアート(フラワーショップwnico/ボールペンアートRieco.)

本門寺の朝市にはたいていアーティストが参加しています。今回は、お花のセレクトのセンスに定評のあるwnicoと緻密なフリーハンドのボールペンアートのコラボの店。

 

 

 

 

 

 

 

ボールペンアート

 

クッキーとリバティプリントのポーチ(Atelier Sur un Nuage)

食べ物がたくさん並んでいる朝市ですが、すぐに食べられるクッキーやスコーンはうれしい。親子で手作り。娘はクッキー、お母さんはポーチやバッグを作るのが得意だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

クッキーとリバティ―柄のポーチやバッグ

 
他にも魅力的なお店がたくさん。今度はどんなおしゃべりができるでしょう。

来月第3日曜日、4月15日(午前7時~11時)が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

お花屋さん