ご近所が楽しい『サロンde池上 持ち寄りランチ会』 今、話題の「さば缶」でお料理!

2018年9月6日 11時05分 | カテゴリー: 活動報告

動脈硬化、高血圧、脳卒中、心筋梗塞の予防、老化防止・・・がうれしい!

2カ月に1回、ご近所の集まりをしています。会場は今回は私の家。まじめに介護保険の勉強をしたときもあれば、ハーブティーを楽しんだこともありますが、今日は6人で持ち寄りランチ会。なぜか「ご飯もの」「おかず」と「サラダ」と「デザート」がバランスよく揃うので不思議です。6人のにぎやかなおしゃべりは健康のこと、旅行のこと、商店のこと・・・ご近所情報は重要です。そしてそれぞれに料理の説明も。

 

 

 

 

 

 

 

 

私の本日の出品は「鯖(さば)そぼろのばら寿司」です。「だんだん」の郷土料理教室のレシピをいただいてきたもので、最近のお気に入りです。なんと「さば水煮缶」を使うのです。

 

 

 

 

 

 

鯖そぼろのばら寿司(京都府 丹後地方)

 

レシピをちょっと紹介

「鯖そぼろ」を作って、それをすし飯と段々にして押し寿司にして、上に錦糸卵やかまぼこ、絹さや、紅生姜をトッピングするだけ、これだけですがけっこう華やか。そしてなにしろ「鯖」は健康にとってもいいので、おすすめです。

【鯖そぼろの作り方(4人分)】
さば水煮缶 1缶(190g)
しいたけ  2枚
人参    100g
みりん   大匙2分の1
しょうゆ  大匙 1
酒     大匙1

人参は細切り、しいたけは薄切り。フライパンで炒めて火が通ったら、鯖の水煮と調味料を加えて汁気を飛ばすように炒める。バットに広げて粗熱をとる。

 

 

 

 

 

 

 

 

鯖の効用

DHAが豊富・・・悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やす効果。アルツハイマー病や認知症予防、血液中の中性脂肪を減らす効果。

EPAが豊富・・・中性脂肪を減らし、血管を拡張する働きがあり、がんや動脈硬化、高血圧、脳卒中などの発症リスクを下げる効果。

ビタミンB12・・・貧血を予防する効果。神経機能を正常に維持したり、傷ついた末梢神経を修復する効果。

ビタミンDが豊富・・・神経伝達と筋肉の収縮をスムーズにする効果。カリウムやリンの吸収をよくして骨の形成を促進、骨を強くする効果。

といいことづくめ。

鯖の消費量の日本一の島根県は心筋梗塞になる人が少ないって、確かテレビでもいってましたっけ。


次回の「サロンde池上」は11月26日。アイシングクッキーづくりです。楽しみです!