子育て支援のネットワーク・世田谷区の場合

2014年8月14日 08時34分 | カテゴリー: 子育て支援, 市民活動

民間の力、最大限に発揮・つながること

前回の記事、
世田谷区「複合型子育て支援施設 子育てステーション」 の視察に行ってきました
で「子育てステーション」の視察の報告をさせていただきましたが、今回は「世田谷区の子育て支援ネットワーク」についてご報告いたします。

社会全体で子どもを育もう、とするとき、民間の志のある人と行政とはどのように連携できるのかが、私の関心でした。

世 田谷区は、大田区に次いで、23区中2番目に面積が広く、人口は23区中最高で86万人です。(ちなみに大田区は69万人で第3位です)。また世田谷区 は、高齢出産と0歳児の在宅率が高いとのことで、子育ての孤立化を防ぐためにも、地域ぐるみの支援が重要であると考え、子育てステーションや児童館だけで はなく、数多くの民間の子育て支援団体と連携をしているそうです。たとえば・・・

●地域の中の「おでかけひろば」

子育てステーション」の中にもあった、親子で遊びに行って、ゆっくりのんびり遊んで過ごせる場所「おでかけひろば」は、地域のなかにも作られています。社会福祉法人や市民活動団体がそれぞれ、特色を生かした「おでかけひろば」を運営しています。
ほぼ週に3日以上、一日4時間以上の開設が基本となっているのが「おでかけひろば」です。

た とえば、子育てが一段落した母親たちが、キリスト教の教会の一室を借りて行っていたり、URの集会室を改装したところで開設したり、1階を子育て支援に 使ってほしいと申し出たご家庭が、自分たちは2階に住みながら、1階を提供してくださっているお宅があったりと、様々なタイプの「ひろば」が現在7か所あ るそうです。行政の支援は年間の運営費の補助の他に、ひろばスタッフの研修会を行い、各ひろばの質の向上を図ることと、広く周知するための広報等です。

●「子育てサロン」
子 育て中のママ同士や地域の子育て経験者との情報交換や子育て相談の交流の場です。現在100か所近い民間のサロンが運営されています。活動プログラムの充 実のための研修会や活動場所を探すことや、地域への呼びかけなど、地域の福祉活動を支援する「社会福祉協議会」のバックアップがあり、随時、サロンを始め たい人の相談にものってくれます。相談窓口である、地域社会福祉協議会事務所が世田谷区には5か所あります。(ちなみに大田区は蒲田に1か所)

●「子ども・子育てつながるプロジェクト」
  「世田谷子育てメッセ」

他 にも講座の開講やベビーマッサージ、親子体操や外遊び推進のためのグループなど、子育て支援団体が、世田谷区には数多くあり、区では、「子ども・子育てつ ながるプロジェクト」という交流事業を行い、情報交換の機会を持ったり、広く区民に周知するイベント“みんなで子育て、つながる地域“を合言葉に「世田谷 子育てメッセ」を毎年開催したりしています。

●「世田谷子育て つながる本」

世 田谷区は子育て支援を受けたい人、支援したい人が、繋がりがもてるように「世田谷子育て つながる本」という冊子を作っています。行政の情報も民間の子育て支援団体の情報も、世田谷の子育てを応援する仲間として、一緒に紹介しています。行政と 区民との信頼関係・協力体制と利用者目線が感じられる冊子です。これ一冊で、あらゆる子育て支援情報を得られること、多くの支援者が自分の周りにはいると 知ることは親にとってどんなにか心強いことでしょう。

「世田谷区子ども基金」
だ れもが安心して子育ての喜びを実感できる環境づくりを進めて、区民、地域団体、事業者等がともに助け合う子育て支援を目的として、「子ども基金」を設置。 元金2億円に加えて、ただいた寄附金を基金として積み立て、その中から次のような事業を行う団体または個人の活動に助成をしています。
 
【「世田谷区子ども基金」共助のしくみ】
1.  次代を担う子どもの成長を支える活動
2.  支援を必要とする子ども、家庭を支える活動
3.  親の子育て力の発揮を支える活動
4.  地域の子育て力の向上のための活動

以上が、世田谷区の「子育て支援ネットワーク」の仕組みのご報告です。

子育て環境を整えないと未来はない

少 子化と超高齢社会、それは、同時に人口減少や労働人口の減少という日本経済の危機にも直結する問題でありながら、待機児の問題があり、育児不安や虐待の問 題があるという、大きな矛盾を抱えているこの時代。掛け声だけではなく、本腰を入れて、子育て環境を整えないと“未来はない”といえるのではないでしょう か。決して、大げさな表現ではないはずです。世田谷区の地域ぐるみ、力を結集しての子育て支援施策には大いに教えられます。

大田区は今後、子育て支援ネットワークをどう構築していくのか?

大 田区でも、いくつか、子育て支援活動をしている団体がありますが、区はまだ積極的にそれらの団体と連携をとったり、協力・支援体制を持ったりすることない ように見受けられます。また団体同士の連絡会やネットワークも活発とはいえないでしょう。それは、その団体が人員に余裕がなく、自分たちの活動で手いっぱ いで、連携を考える余裕がないのも一因だと思います。

しかし、せっかく同じ志を持つ者なのですから、何かつながりをもって、情報交換していくことで、さらに子育てしやすい環境を作れるはずです。もっと積極的な、“つながる仕組み”作りが必要です。

草の根だからこそ、現場を知っている地域活動団体だからこそ、これからの大田区全体の子育て環境の課題解決への糸口を握っているかもしれないのです。「大田子ども・子育て会議」にも何らかの形で関わりを持つべきであると思います。

大田区にだってこんな素敵な子育て支援団体が!
「もっと遊べる5丁目公園の会」

中 央五丁目公園でプレーパーク(子どもたちが自由に生き生き遊べる楽しい冒険遊び場)活動を週に一回、水曜日の14:00~17:00開設。どろんこ遊び、 水遊び、ロープ遊び、木工作やおやつ作り、そして四季折々の遊びを普通の公園でできないことを大人がほんの少し関わることで思いっきり遊んでほしいと願 い、活動している。

 

 

 

 

 

 

 

元大工さんのボランティアが作った箱車に乗って遊ぶ子どもとママ

 

 

 

 

 

 

大きなハンモックに揺られて遊ぶ、ちょっと大きい子どもたち

 

 

 

 

 

 

元大工さんのボランティアが作った「家」に出たり入ったりして遊ぶ子ども

※ちなみに大田区には常設のプレーパークがないので、この中央五丁目公園の活動は大変貴重なものだと思います。ちなみに世田谷区には常設のプレーパークが4つあります。